FC2ブログ
お花を毎日眺めたい!
花いろんな花 癒されたい気持ち お花の事を書いていきます。
プロフィール

なぷなぷな

Author:なぷなぷな
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読めるかな??
‐引退試合を終えられての気持ちは?

 「決断したのはだいぶ前なので。寂しいというのはもちろんあるけど、球場に来て、鳴尾浜にこれだけたくさんの人たちが来てくれたこと、1人、1人に感謝したい。自分がここまでやってきて、みなさんに最後のプレーを見て頂いたことが野球人として嬉しいですし、もう反面は明日、何時に起きてもいいし、お酒を何杯飲んでもいいですし、苦しいウエートトレとかランニングとかしなくていいんだなというのがもう一方にはあります」

 ‐久々の捕手。マスク越しの風景は?

 「この景色がやっぱり自分がやってきた景色だなと思ったし、捕手を離れている時間は長くなかったので懐かしいとは思わなかったけど、自分はここで戦ってきたんだなと。打者だけのルーティーンだけでなく、捕手のルーティーンも忘れてなかったし、自分にとっては当たり前の時間でした」

 ‐最後の打者は三振。狙っていたか?

 「特に、それはなかった。本能のまま、捕手のまま打者のスイングを見て。でもバッターも気を使ってくれたと思いますよ。秋山もいいボールでした」

 ‐最後の打席は中前適時打だった。

 「相手が気を使ってくれたのもありますけど、プロに入って初ヒットが中前打だった。それもタイムリーだったんですよね。最後のプロのヒットもセンター前で…18年間、引っ張りばっかりで基本に忠実な打撃はしてなかったけど、辞めるときになって素直な打撃ができました」

 ‐打席に入るまではどんな打撃をしようと?

 「いや、何も考えてなかった。思い切り振ろうとは思ってましたけど」

 ‐後輩の選手たちが胴上げしてくれた。

 「恥ずかしかったです。でも移動ゲームなのにみんな来てくれて、特に投手はいつも厳しいことばかり言って…それでも来てくれたんで本当に幸せでした」

 ‐後輩たちには何と伝えたいか。

 「ケガするなよと(笑)」

 (囲み取材に入り)

 ‐試合前に球児がキャッチボール。

 「あいつがユニホーム来て出てきた。ジョーさんキャッチボールやりますよって。あいつも体が万全では無いのにね。球児、いいよと言ったんだけど…。せめてキャッチボールしてくださいと言うんで。嬉しいですね。本当に幸せです」

 ‐座って投げるのは決めた。

 「野球人の血が騒いで投げた結果、激痛です…。いっとき、(釣り)竿も持てないです。野球終わったのに手術するかもしれない(笑)」

 ‐かなり良い球が行っていたが?

 「後ろから八百長やろ!本当は痛くないやろってヤジが飛んできたんですが…マジで痛かったです。何か現実に返されました。あまりの痛みに」

 ‐ワンバウンドも止めた。

 「両サイドに足が動かないし、まぁそれが現実かなと思いました」

 ‐初球、いきなりパスボールだった。

 「いきなり空振るとは思わなかった。あれでちょっとピリッとしましたね」

 ‐久々の打者との対戦?

 「何かいろいろあるね。審判としゃべったり、会話しながら、打席の立ち位置、審判のストライクゾーンの広さ、それを確認しようとしているからね。18年間というか30年近くやってきたわけだから。野球人というか捕手ですから。捕手をやるのは普通でした」

 ‐日米で1837安打。現状の数字は満足か?

 「全打席、ヒットを打ちたいと思っていたから。数字へのこだわりというか、2000本は近づいてきたら打ちたいなとか思うんでしょうけど、今は捕手ができなくてユニホームを脱ぐ段階では、1打席も悔いがある打席は残していない。まぁ平凡な数字ですけど。納得はしてません、満足もしてませんけども」

 ‐花束をもらって涙ぐんでいたが?

 「あれは、全然、涙じゃないです。まったく泣いてない。あれはカウントには入らない(笑)でも子供の登場は、ずるいですよ!」

 ‐家族のみなさんに見送ってもらうのは?

 「野球人として最高に幸せですよ。その存在は励みになったし、いてくれるだけど助かったこともある。これからは恩返ししないといけないし、野球選手の嫁さんは簡単じゃないよ。でも本人にチョイスをさせようかなと。亭主元気で留守がいいのであれば、今までのようにどっかに行かないといけないし…。魚釣りばっかり行ってるわけにも行かないし。家にいろと言うのならそれでいいし。彼女に選択してもらおうと思います」

 ‐胴上げは選手みんなの気持ち?

 「俺はやりたくなかったんだけど、球児がそのために来たって言うから。本当は試合を止めたくなかった。相手投手のこともあるんでね。胴上げもうれしいし、みんなのそういう気持ちが嬉しいですよ。僕はこの球団で何もせずに辞める決意をしたのに…良い球団です。良い選手たち、良い 場所で、ファンの方たちも。最後にここでユニホームを脱ぐことは幸せですし、阪神に来たことが間違いじゃなかったと思います」

 ‐試合開始前にホームベースへタッチ。

 「いつものルーティーンですから。ただいつもケガしませんようにとか言うんですけど、それは省きました。最後ですからケガしてもいいと。それで二塁まで思いっきり投げたんです。大けがしましたけど…(笑)向こう1年、ボールは持ちたくない。肘が激痛です。ず~っとしびれてた。でも良く持ってくれた。肘も肩も」

 (取材終了後)

 「明日から探さないでください」

 (会見後、南社長から握手を求められ)

 「フェイクじゃないですよ!ちゃんと円満に解決してますから(笑)でも社長にこんなこと言うの、僕しかいないでしょ!」















ちょっと
長いけど
いいなと
思ったんで
載せました。

城島選手
おつかれさまでした















スポンサーサイト


この記事に対するコメント
5秒でできる
3s773339
マジでヤれる5秒前

マジヤリSNS
http://wqy4OiXF.faithbook-lite.com/wqy4OiXF/
【2012/10/25 21:19】 URL | 5セック #E9XEYfAM [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/11 06:59】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/29 02:17】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sansanbana.blog110.fc2.com/tb.php/27-8fbddc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。