FC2ブログ
お花を毎日眺めたい!
花いろんな花 癒されたい気持ち お花の事を書いていきます。
プロフィール

なぷなぷな

Author:なぷなぷな
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



先週の秋華賞は、栗東に滞在した関東の小島茂厩舎の2頭(ブラックエンブレム、プロヴィナージュ)が激走し、3連単“1098万馬券”の重賞最高配当になった。菊花賞で波乱の再現を狙うのが、小桧山厩舎。トライアルの神戸新聞杯に出走したベンチャーナイン、スマイルジャックを、そのまま栗東に残し、じっくり鍛えている。2頭とも、滞在効果は十分。どんぐりの背比べのメンバー構成だけに、チャンスはありそうだ。また、ブラックエンブレムを勝利に導いた岩田が騎乗するドットコムにも要注目。抽選待ちの身だが、スタミナには自信を持っている。

 アントニオ猪木が言っている。「元気があれば、何でもできる!」。今のベンチャーナインが、まさにそれだ。「相当具合はいいですね。もともと肉が付くタイプではないですが、馬体の張りがいい」芝崎助手は充実ぶりをアピールした。

 変化をもたらした一つ目の要因は、ゆとりあるローテーションだ。春は賞金を加算するため過密日程になったが、出走が確定している今回は、夏場をじっくり休養に充て、神戸新聞杯(4着)からスタートした。

 「春は、毛づやがいいのに、皮膚病になっていた」と芝崎助手。もともと気が強いタイプだけに、疲労を隠しながら、気力で走っていたことがうかがえる。

 二つ目は、早めの栗東滞在。神戸新聞杯を終えると、そのまま栗東に入った。「気性的に、環境が変わっても影響は受けないし、こちらでは、ずっと落ち着いている」と芝崎助手。長丁場のレースだけに、2度の長距離輸送を避けたことはプラスに作用するはずだ。

 充実した施設の効果も見逃せない。芝崎助手は、アップダウンの激しい逍遙(しょうよう)馬道と、馬場の深さが肉体強化につながったという。「美浦の逍遙馬道は平坦で、チップの深さも違う。調教を積みながら、馬体重が増えている」。同じく栗東に滞在している2歳馬がダウンしてしまうほど、体にかかる負担は大きい。

 21日は、リラックスした様子で坂路を駆け上がったあと、Dウッドチップコースを2周。丸みを帯びた馬体を弾ませ、素軽い動きを見せていた。

 先週の秋華賞は、同じく栗東に滞在していた関東の小島茂厩舎勢が大活躍。ブラックエンブレムが秋華賞を制し、3着にもプロヴィナージュが入った。「(小島茂厩舎から)ベースは作ったから続いてくれ、と言われました。今回は王者不在。チャンスはあると思います」と芝崎助手の期待は膨らむ。絶好ローテ、栗東滞在、そして先週からの流れ…。「1、2、3、ダーッ」で頂点を目指す。


競馬買えばよかった
私もマン馬券当てたいーーー
どうにかしてー
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。